空の村号表.jpg

愛児協プロデュース
第48回「斎田喬戯曲賞」受賞

楠木空(小学5年生)は酪農家の長男。特に夢もない。
原発事故後、変わっていく村と家族。
「どっかに世界征服をたくらむ悪の星の帝王ガガゾゾボンバーがいてそれをやっつければ、平和が戻ってくる」…と空は信じたかった

作=篠原久美子(劇団劇作家) 演出=関根信一(劇団フライングステージ)
音楽=菊池大成・松田怜
演出助手・舞台監督=小辻賢典(人形劇団むすび座)
制作=愛知児童・青少年舞台芸術協会


美しい村で
     劇作家 篠原久美子
それは美しい村でした。山に野生の藤の花の咲く季節。訪れた酪農家の庭にはたわわにさくらんぼが実り、夕暮れの海を眺めた山の頂では、足元にマーガレットが風に揺れていました。けれども、農村であるその村の畑には雑草がはびこり、田んぼは干からび、牛舎には牛が一頭もいませんでした。新緑の眩しい季節に、蛙の声がない、鳥がいない、子どもがいない村でした。  ご縁のあったドキュメンタリーの映画監督に連れて行っていただき、村を訪れ、村の人たちのお話を伺って帰る新幹線の中で、私はまるで体のどこかの機能が壊れてしまったかのように涙が止まらなくなりました。都会の街を移動しながら、あの美しい村の苦悩と涙を作り出している明るさに、胸が締め付けられるようなやるせなさを感じた、あの日の痛み。  それを忘れることを拒否しようと思います。時がたてば自然は忘れることを促しますが、そうしたらまた思い出そうと思います。  美しい山の、美しい村の、胸をかきむしられるような、痛みを。

※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。



日時
2014年8月17日(日)
会場
名古屋文理大学文化フォーラム小ホール
開場13:30/開演14:00[全席自由]
料金
[前売]一般1,000円/学生500円
[当日]一般1,500円/学生800円

学生=小学生以上

チケット発売日
6月21日(土) 10:00〜
◯前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
◯発売初日の文化フォーラム窓口販売分に限り、お1人様4枚までの購入制限をさせていただきますので、ご了承ください。
チケット取扱店
◯名古屋文理大学文化フォーラム
Tel.0587-24-5111
◯チケットぴあ
Tel.0570-02-9999(Pコード435-648)
お問い合せ
名古屋文理大学文化フォーラム
Tel.0587-24-5111
日時
2014年8月23日(土)
会場
西尾市文化会館小ホール
開場13:30/開演14:00[全席自由]
料金
[前売]一般1,000円/学生500円
[当日]一般1,000円/学生500円

学生=小学生以上

チケット発売日
6月14日土 9:00〜
◯前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
チケット取扱店
◯西尾市岩瀬文庫
Tel.0563-56-6660
◯西尾市文化会館
Tel.0563-54-5855
◯一色町公民館
◯吉良町公民館
◯幡豆公民館
◯おしろタウン・シャオ
○チケットぴあ
Tel.0570-02-9999(Pコード437-033)
お問い合せ
西尾市文化振興課 Tel.0563-56-6660
日時
2014年9月6日(土)開場14:30/開演15:00
2014年9月7日(日)開場13:30/開演14:00
会場
長久手市文化の家舞踊室
[全席自由]
料金
[前売]一般1,000円/学生500円
[当日]一般1,200円/学生500円

学生=小学生以上

チケット発売日
フレンズ会員先行 6月7日(土)
一般 6月14日(土)
◯前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
◯フレンズ会員先行販売は、1会員様1公演につき2枚までの販売とさせていただきます。
チケット取扱店
◯長久手市文化の家
Tel.0561-61-2888(チケット専用・電話予約は翌日から)
◯Nピア(アピタ長久手店2階)
Tel.0561-63-9200(窓口販売のみ)
◯チケットぴあ
Tel.0570-02-9999(Pコード436-251)(フレンズ販売はありません)
お問い合せ
長久手市文化の家 tel.0561-61-3411

キャスト

大谷勇.jpg

大谷勇次

劇団うりんこ

鷲見.jpg

鷲見裕美

劇団うりんこ

とっぽ.jpg

とっぽ

クラウンファミリー・プレジャーB

内藤美.jpg

内藤美佐子

演劇人冒険舎

村井美.jpg

村井美奈

劇団うりんこ

ピアノ.jpg

都 雅瑛

ピアノ演奏

お客様の感想より
・とてもすばらしい作品でした。「フクシマ」は忘れてはいけない!!繰り返してはいけない!!
 涙が出そうになりました。明るい作品に仕上げられているのに。

・同じ子どもに関わる舞台人として、2人の子どもを持つ 父として、とてもとても感動しました。
 素晴らしい作品、たくさんの人に届けてください。

・すごくおもしろかったけどさいごらへんでなけてきました。(10才)

・ほんとうに「放射能除去装置」あるといい!東京にいる国会のえらい人に見せたい…
 どんどん引き込まれていくストーリーでした。

・「ガガゾゾボンバ-はどこにもいない」
 社会のしくみがかわっていくこと。そのために私たちが動くこと。
 「私たちのいるところが世界」
  とても胸を打つ舞台でした。
  子どもたちの未来のために今できることを。動いていこうと思います。

愛知児童・青少年舞台芸術協会(愛児協)
◎愛知県内に本拠地を置いて活動している舞台芸術団体です。松岡伶子バレエ団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、企画・制作楽大夢、劇団うりんこ、演劇人冒険舎、人形劇団むすび座、人形劇団パン、総合劇集団俳優館、クラウンファミリー・プレジャーBが参加。合同公演の作品制作だけでなく、参加団体がかかえている共通課題のための講習会やワークショップの開催など、共に学び合う場をつくりながら、こどものための文化芸術活動に力をそそいでいます。