アルケミスト.jpg

ハーモニーコンサート

澄みきった星空のような歌声のこんやしょうたろうと、
暖かいぬくもりを感じる井尻慶太のピアノ。
そして、そのふたりを包み込む
セントラル愛知交響楽団の演奏でおたのしみください

出演
アルケミスト
ヴォーカル/こんやしょうたろう  ピアノ/井尻 慶太
ボイスパーカッション/渡辺 悠
セントラル愛知交響楽団アンサンブル
1stヴァイオリン/寺田 史人  2ndヴァイオリン/栗山 聡子
ヴィオラ/小中 能会真  チェロ/山田 慎吾
コントラバス/高柳 安佐子  ファゴット/大津 敦
ゲスト
幸田町文化振興協会少年少女合唱団(幸田公演)
市内小学校と調整中(稲沢公演)

※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。


アルケミストインタビュー

公演を前にアルケミストのお二方からお話を伺いました。ぜひお読み下さい。

日時
2014年9月13日(土)
会場
長久手市文化の家森のホール
開場13:30/開演14:00[全席自由]
料金
[前売]一般1,500円/学生1,000円
[当日]一般2,000円/学生1,000円

学生=小学生以上

チケット発売日
フレンズ会員先行 6月7日(土)
一般 6月14日(土)
◯前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
○車イス席ございます。
※車イス席は長久手市文化の家のみの取扱いとなります。
◯フレンズ会員先行販売は、1会員様1公演につき2枚までの販売とさせていただきます。
チケット取扱店
◯長久手市文化の家
Tel.0561-61-2888(チケット専用・電話予約は翌日から)
◯Nピア(アピタ長久手店2階)
Tel.0561-63-9200(窓口販売のみ)
◯チケットぴあ
Tel.0570-02-9999(Pコード228-170)(フレンズ販売はありません)
お問い合せ
長久手市文化の家 tel.0561-61-3411
日時
2014年9月14日(日)
会場
幸田町民会館つばきホール
開場13:30/開演14:00[全席自由]
料金
[前売]一般1,500円/学生1,000円
[当日]一般2,000円/学生1,500円

学生=小学生以上

チケット発売日
6月22日日 9:00〜
◯前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
◯車イス席ございます。
※車イス席は幸田町民会館チケットセンターのみの取扱いとなります。
◯チケット発売日に限り、お一人様4枚までの販売とさせていただきます。
チケット取扱店
◯幸田町民会館チケットセンター(幸田町民会館1F)
Tel.0564-63-5181
◯チケットぴあ
Tel.0570-02-9999(Pコード226-538)
◯富士プレイガイド Tel.0564-23-3838
◯蒲郡市民会館 Tel.0533-67-5151
お問い合せ
お問合せ=幸田町文化振興協会 Tel.0564-63-1111
日時
2014年9月15日(月・祝)
会場
名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)中ホール
開場13:30/開演14:00[全席自由]
料金
[前売]一般1,500円/学生1,000円
[当日]一般2,000円/学生1,500円

学生=小学生以上

チケット発売日
6月21日土 10:00〜
◯前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
◯発売初日の文化フォーラム窓口販売分に限り、お1人様4枚までの購入制限をさせていただきますので、ご了承ください。
チケット取扱店
◯名古屋文理大学文化フォーラム
Tel.0587-24-5111
◯チケットぴあ
Tel.0570-02-9999(Pコード226-130)
◯ローソンチケット
Tel.0570-084-004(Lコード46888)
◯ヨシヅヤ新稲沢店
◯ヤマハミュージックリテイリング名古屋店
お問い合せ
名古屋文理大学文化フォーラム
Tel.0587-24-5111

出演者プロフィール

アルケミスト

ヴォーカル こんやしょうたろう/ピアノ 井尻慶太

アルケミスト.jpg

1997年11月、玉川大学学園祭前日、井尻慶太のピアノにあわせ、こんのしょうたろうが歌ってみたら、初めてなのに息がぴったり。そのまま次の日、グループ名をパウロ・コエーリョの小説『アルケミスト』から命名し、学園祭ライブに出演。アルケミストの音楽の旅がはじまる。卒業後も、定期的にライブハウスに出演する他、ストリートライブなど積極的なライ ブ活動を展開。 2001年、文化放送フリーステーション「アルケミストのそんなこんなでラジオしょう!」全6回放送。2002年、TVK「あっぱれ KANAGAWA大行進!」レギュラー出演。NHK教育テレビ「こどもにんぎょう劇場タイムマシンの冒険」音楽担当など、ラジオ、テレビにも活躍の場を広げる。 また、2002年冬、奇跡的にも小説「アルケミスト」の著者パウロ・コエーリョ氏に会う。その時、彼は二人に「どんなに離れていても、僕等は一緒だよ。君たちはもうすでにアルケミストなのだから。」と言葉を残した。パウロ・コエーリョから認められた日本で唯一のアーティストとなる。 2007年メジャーデビュー。アルケミストの代名詞ともなっている〝即興"(三つのお題を元にその場で作詞・作曲・演奏する)は 日本テレビ系列「誰も知らない泣ける歌」では西田敏行、美輪明宏、清水ミチコの各氏を始め番組共演者からも絶賛され再出演を果たす。また、日本テレビ系列「世界一のSHOWTIME」出演時には瞬間視聴率は20%を超える。その他、ニッポン放送「オールナイトニッポンR」のパーソナリティーや読売テレビ「情報ネットten!」、「24時間テレビ」でもアルケミストの特集が組まれるなどGoogle検索ワード急上昇ランキングでも「アルケミスト」のキーワードはたびたび一位を記録している。現在、剛力彩芽出演の積水ハウスのCMソングを担当するなど益々その注目度を高めている。


渡辺 悠(ボイスパーカッション)

渡辺悠.jpg

声と呼吸でリズムを奏でるボイスパーカッション・プレーヤー。高校時代に始めたアカペラをきっかけに声で作り出すハーモニーの魅力を知り、合唱団やゴスペルクワイヤにも所属。1997年、アカペラ・グループ〝香港好運(ホンコン・ラッキーズ)"に加入、同時期にボイスパーカッションを本格的に始める。日本のアカペラ黎明期に当時の中心的なコミュニティとなったWEBサイトを開設、イベントの運営やアカペラ教室講師、教則本の執筆、アカペラ番組のラジオ・パーソナリティなど幅広く活動。香港好運のメンバーとして多くのステージに立つほか、近年はアルケミストのサポートを中心に、様々なライブやレコーディングにも参加している。2013年2月、ボイスパーカッション教則本「DVDでよくわかる!ボイパ本」(リットーミュージク社)を出版。


セントラル愛知交響楽団

1stヴァイオリン 寺田 史人/2ndヴァイオリン 栗山 聡子/ヴィオラ 小中 能会真/チェロ 山田 真吾/コントラバス 高柳 安佐子/ファゴット大津 敦

楽団.jpg

1983年ナゴヤシティ管弦楽団として発足。1997年岩倉市の好意による練習場の無償借用や事業補助を機会に、セントラル愛知交響楽団と名称を変更。2009年4月より一般社団法人として再出発、名誉指揮者に小松長生、常任指揮者に齊藤一郎を迎え、楽団の充実を図っている。2007年7月、8月中国内蒙古自治区、2009年9月タイ・バンコクで海外公演(文化庁国際交流支援事業)を行い、好評を博した。年間約100回の公演は、いずれも好評をもって迎えられている。1996年「平成7年度愛知県芸術文化選奨文化賞」、2005年「平成16年度名古屋市芸術奨励賞」受賞。2013年創立30周年を迎える。